uv300

手術によって多汗症の治療をする人は意外と多いようです。多汗症は、汗が出る病気だというイメージがあります。多汗症の症状を緩和するために、手術を受けるという人もいます。多汗症の手術とは、多汗症がどのようにして起きるかと関わりがあります。どうして多汗症の症状が出るかは、人によって違います。エクリン線、アポクリン線という2つの汗腺のうち、エクリン線から分泌される汗が必要以上に分泌してしまう病気、体質の事を言います。

 

具体的な症状は全身多汗症や局所多汗症など色々あり、全身から汗が出る人、特定の場所からだけ汗が出る人がいます。局所多汗症が、多汗症の症状の中では多いと言われています。手術や治療は、何をするものでしょう。多くの人が、手術以外に多汗症の治療方法はないと思い込んでいるようです。多くの場合、できるだけ手術はせずに、他の手段での治療を目指すのが多汗症の治療では行われます。

 

心身療法という治療法で多汗症を治療するアプローチもあります。多汗症はストレスと大きな関わりがあることから使われるものです。特定の食べ物を食べた時に汗をかくという人は、食事内容の改善も治療のひとつになります。多汗症の原因がホルモン分泌の過剰によって起きることもあり、そういう場合はホルモン治療を行います。多汗症の手術をするのは、原因に対応した治療法を試してみても効果が得られない場合です。