吸引法という手術が、多汗症の手術として用いられています。多汗症の吸引法手術では、脇の下に穴を開け、管を通して、多汗症の原因となる汗腺を取り除いていきます。汗の分泌を抑えるために、多汗症の原因となるエクリン汗腺や、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を吸引します。

 

イメージとしてはエステで行われる脂肪吸引などとほとんど同じ感じです。多汗症を吸引法で手術する場合、手術の痕跡は数ミリの穴程度なので、時間の経過と共に手術の痕跡はほとんと目立たなくなります。汗を分泌する汗腺を、穴を開けて挿入した管から吸い取って、多汗症の手術は行われます。多汗症の手術で吸引法をした場合、汗腺を一つ残らず取り除くことは難しいようです。汗腺を見ずに、その当たりにある汗腺をすべて吸引するためです。多くの症例を手掛けており、技術やテクニックを持っている病院を選ぶことが大事です。施術者の技術量によって、皮膚を傷めず汗腺だけ取れるかが決まります。

 

多汗症の手術には、吸引法ではなく切開法という方法もあります。ワキの下を5センチほど切開して、医師が汗腺を確認しながら取り除くものです。多汗症の手術を切開法で行った場合、血腫や皮膚の壊死リスクがあるといいます。また、施術後にわきを固定しなければなりません。幾つかの手術方法が多汗症の手術にはありますので、どの手術方法がどんな特長があるかなどを踏まえながら、適切な手術を選びましょう。