「伊沢利光の結論ー飛距離と精度」伊沢 利光著/2002年1月発行。

 

プロゴルファー伊沢 利光氏(2006年から伊澤利光に変更)は、2001年に初出場のマスターズ・トーナメントで4位入賞、国内でも優勝経験豊富な輝かしい経歴の持ち主です。

 

8歳の頃よりゴルフインストラクターであった父親の厳しい手ほどきを受けた伊澤氏。

 

多くのゴルファーからその美しいスイングが褒め称えてられていることでも有名。
あの、アーノルド・パーマーからは「キング・オブ・スウィング」と呼ばれたほどです。

 

そんな伊澤氏がマスターズ4位入賞の翌年に、この「伊沢利光の結論ー飛距離と精度」を発行しています。

 

著書のサブタイトル「飛距離と精度」通り、伊澤氏が追求してきた「より遠くへ飛ばして曲げないスウィング」方法を経験と共にこの本に詳しく書かれています。
ただ飛ばすだけでなく、世界が認めた美しいスイングを学べるので自己流でついてしまった悪いクセを直すことができた方もいるそうです。

 

伊澤氏本人の写真を載せて解説している為、非常にスイングを把握しやすいです。
連続写真でスイングの流れをつかみやすいのが嬉しいところですね。

 

この本で美しいスイング追及してみるのはいかがでしょうか?